価値の高いサイトを作るために必要なことを知る

SEOに効果的なリンクの設置方法と各ブラウザによる論理

タグを使用することもインデックスから削除される対象になりますので注意が必要です。強調を表す<STRONG>タグも、Webページと対策キーワードとの関連性を高めることに貢献しますが、施策影響度はかなり低い内容となります。テキストマッチはページ内の適切な部分にキーワードを記述し、対策キーワードと対象ページとの関連性を高めることが重要です。本章で説明したポイントは次のものがあります。プレーンテキストはまず重要。<IMG>タグのALT属性。ただし画像をプレーンテキストに展開する方法もある。

<TITLE>タグは最重要<META>タグのKEYWORDSプロパティとDESCRIPTIONプロパティは省略しない。<Hx>タグによる見出し付け。<STRONG》タグによる強調。<EM>タグによる強調以上、Webページを作成するときに常に考慮しておいてください。リンクポピュラリティとは、簡単にいえばWebページが獲得しているリンクの数がどれだけあるかということを示す指標です。第2章でも説明したとおり、自分のサイトがサイト内部および外部からリンクが設置されていることを「被リンク」といいますが、検索エンジン(主にYahoo!やGoogle)は被リンクがたくさん設置されていると「価値の高いサイト」と判断します。

しかし、単にむやみにリンクが設置されていればいいというわけではありません。この章ではSEOに効果的なリンクの設置の仕方について説明していきます。サイト内および外部からリンクが多く設置されていると「価値の高いサイト」と評価される。ところで、SEOに関心のある読者であれば「Yahoo!はテキストマッチ対策が主流、Googleは被リンク対策が主流」というロジックが議論されているいます。
検索エンジンのアルゴリズムは常に変動しています。この変動に乗り遅れないスピーディーさは大手だからできることです。安心のデリヘルSEO対策をぜひ味わってみてください。
インターネットマーケティング担当者の強い見方です。ロングテールSEOツールで上位検索に導きます。効果が無ければ費用は発生しません。専門家により、より高度な対策を続けています。


2点目は、ページごとのHREF属性は100未満にしなければならないルールがあります。これはGoogleのWeb管理者向けガイドラインでも正式にアナウンスされていることです。このガイドラインは下記のURLで読めます。とはいえ静的なWebサイトならともかく、Webアプリケーションでリンクの数を正確に予測するのは難しいかもしれません。この場合、概数として100を超えないように設計し、重要なものを最後に配置しない配慮が有効です。

3クリックルール。3点目は、第2章でも説明しましたGoogleの3クリックルールというアルゴリズムです。Googleではトップページから3クリックでたどり付けるページを優先評価します。したがって重要なページはトップページから3クリックでたどりつく。

最新情報
2013/09/10 Recommendを更新しました。
2013/09/06 新着記事を更新しました。
2013/09/05 ブレッドクラムを更新しました。
2013/09/02 横断的にリンクを更新しました。
2013/08/31 最適な改修案を更新しました。
2013/08/29 外部要因の変化を更新しました。
2013/08/28 SEOに効果的なリンクの設置方法と各ブラウザによる論理を更新しました。
2013/08/25 ホームページをリニューアルしました。

Pickup Site
全日本SEO協会公式サイト被リンクサービスのメルトアップSEO対策猿でも出来るSEO対策
SEO対策セミナーや、ホームページ運営セミナーなどを実施。最新のSEO対策の情報を知りたい人に。SEO対策について基礎から学べます。色々とお役立てる事ができます。猿でも出来るSEO対策なので、人間はもちろんできるはずです。初心者向け最短ノウハウを教えます。